« アクセル~♪全開~♪ | トップページ | 入来投手の去就・・・ »

2006年1月 8日 (日)

石井一久投手との初交渉・・・

石井一久投手との初交渉が本日、東京都内で行われました。

どの様な条件が提示されたかは、明らかにされていないが、イーグルス、スワローズとの差別化は、金銭面で上回るしかないと考えます。

石井投手に多額の年俸を支払うことは、確かにファイターズの他の選手とのバランスを考えると、選手感情を考慮すると望ましくない。

最も考慮すべきは、金村投手との年俸のバランスであり、金村投手はまだ来期契約を結んでいない・・・

石井投手を獲得するためには、チームが優勝を狙っている姿勢(「石井獲得=優勝」の図式)を明らかにするため、チーム優勝と個人成績の両方を同じ比重で項目立てた出来高契約を結ぶことを提案する。

基本年俸と出来高の総額で、他球団の提示額を上回る提示を行うとともに、チームが優勝するためには石井投手がどうしても必要であるというスタンスを示すことができる良い方法であると考える。

この出来高契約は、金村投手にも同じ出来高を基本年俸に上乗せして、石井投手とのバランスを保つ様に配慮し、誠意をみせるとともに、金村投手に対しても来期に賭ける球団の意気込み(「金村の活躍=優勝」の図式)を示して欲しい。

そのほか、石井投手には家族に対する手厚いサポートを行うことを提案したい。

とにかく、来期への現有戦力のベースアップは当然であるが、補強による戦力の上乗せも絶対に必要である。

早急に石井投手との再交渉の予定を取り付けて、他球団を上回る条件提示を行って欲しい。

選手年俸の高騰問題は、絶対的な課題であるが、ここで必要となるコストは今シーズンを迎える選手・ファンに対して、球団の優勝を狙う姿勢を示す絶好の機会であり、選手のモチベーションやファンの観戦意欲を上昇させるチャンスと考える。決して「死に金」にはらならいと確信している。

|

« アクセル~♪全開~♪ | トップページ | 入来投手の去就・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11108/280960

この記事へのトラックバック一覧です: 石井一久投手との初交渉・・・:

« アクセル~♪全開~♪ | トップページ | 入来投手の去就・・・ »