« オフィシャルショップへ | トップページ | 今年度の先発陣の勝数予測 »

2006年1月 4日 (水)

プロ野球の思い出を振り返ってみる・・・・①

「プロ野球ファン歴:初期・スワローズファンになった時期」

私がプロ野球に興味を持ったのは、小学生のときにスワローズに「赤鬼」と呼ばれたボブホーナーが在籍していたときである。

ボブホーナーの豪快なホームランに興味を持ったことがきっかけで、スワローズを応援しようと思った。

当時のスワローズは、関根監督の下、広沢選手・池山選手と言った魅力的な若手が、自由奔放な環境で野球を行っているイメージであり、チーム全体がとにかく明るいイメージであった。

それまで、野球にほとんど興味がなかった私は、明るい選手たちに興味を持つことにより、野球を少しずつ憶えていった。また、得点時にビニール傘を使った「東京音頭」等の応援スタイルもすぐに好きになった。ただし、応援するといっても、北海道のテレビ中継はジャイアンツ戦のみであり、ほとんどの情報は新聞や「プロ野球ニュース」やニッポン放送のラジオ中継を頼りとするものであった。実際に球場行ったのは、高校生・大学生になってからである・・・

当時のスワローズをもう少し振り返って見ると、とにかく豪快な打撃が魅力であるが、ノーアウト満塁のチャンスに、池山選手、パリッシュ選手(ホーナー選手の後の外国人選手)、広沢選手が三者連続三振と期してしまう様な打線であり、現在の私が応援しているチームと重ね合わせてしまう部分がある。その様な部分が非常に愛すべき一面でもあった。

応援するチームの勝利が一番の楽しみであれば、当時強かったジャイアンツやライオンズを応援すれば良いが、強豪と言われたチームに反感が多少あり、選手の明るさと未来を期待させる若手が多いチームを応援することが楽しく、応援を続けることによりその楽しさがより強くなっていった。

さらに、ジャイアンツOBの長嶋茂雄氏の息子の長嶋一茂選手が入団して、話題となったが、成績が振るわずに、父親の監督復帰に合わせ、ジャイアンツへ移籍したことなどあった。

その他、現在解説者として活躍している栗山選手が活躍した時期でもあった。

私の住んでいる北海道は、プロ野球ファンのほとんどが、ジャイアンツファンと言われている。そんな中、私の野球を教えてくれたのは、ライオンズファンの友達であった。

当時のライオンズは、森政権の下で黄金期のまっただ中であったことを思い出す。

ライオンズとは、少し後に日本シリーズで名勝負を繰り広げることとなる。

|

« オフィシャルショップへ | トップページ | 今年度の先発陣の勝数予測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11108/233188

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球の思い出を振り返ってみる・・・・①:

» プロ野球ニュース [いま流行のTV番組を集めました]
プロ野球ニュース「スポーツワイド プロ野球ニュース」(すぽーつわいど・ぷろやきゅう・にゅーす)は、かつてフジテレビジョン|フジテレビで放送され、現在はフジテレビCS事業部|フジテレビ739で放送されている、プロ野球を中心としたスポーツの情報を提供するテレビ番組である。.wikilis{font-si...... [続きを読む]

受信: 2006年1月 8日 (日) 09時20分

« オフィシャルショップへ | トップページ | 今年度の先発陣の勝数予測 »