« プロ野球の思い出を振り返ってみる・・・・② | トップページ | 2006シーズンの小笠原選手に望むもの »

2006年1月29日 (日)

フェリックス・ディアス投手獲得

日本ハムは29日、米大リーグ、元ホワイトソックスのフェリックス・ディアス投手(25)=184センチ、81キロ、右投げ右打ち=の獲得を発表した。1年契約で年俸5000万円。背番号は66。

 ドミニカ共和国出身の同投手は、2004年にホワイトソックスで米大リーグにデビュー。18試合に登板して2勝5敗、防御率6・75の成績だった。昨年はホワイトソックス傘下3Aで21試合に登板し、6勝8敗。(金額は推定)

スポニチ[ 2006年01月29日 17:45 速報記事 ]

---------------------

だそうです。

外国人枠の問題がありますが、昨シーズンのミラバル投手や成績がまったく振るわず解雇となったアルモンテ選手・ナイト投手の事例を考えると、5人の外国人選手が居るのは問題ないかと思います。

さらに、前半戦まったく奮わなかったトーマス投手は、獲得がキャンプ中であり、調整の遅れや日本の野球に馴染むのに時間がかかったと考えられる。この時期に獲得できたことは、良かったのではないかと思います。

いずれにせよ、全ての外国人選手が素晴らしく、シーズン中の4人枠を選ぶのが悩ましいと言うのが理想的な展開を期待する。

|

« プロ野球の思い出を振り返ってみる・・・・② | トップページ | 2006シーズンの小笠原選手に望むもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11108/544879

この記事へのトラックバック一覧です: フェリックス・ディアス投手獲得:

« プロ野球の思い出を振り返ってみる・・・・② | トップページ | 2006シーズンの小笠原選手に望むもの »