« 坪井選手、キャンプ離脱・・・ | トップページ | ファイターズOP戦開幕! »

2006年2月23日 (木)

2006ファイターズの戦術・・・・盗塁の活用

盗塁効用は、投手の警戒心により打者への配球が直球主体ことである。

実際に、盗塁が成功すれば、得点圏へランナーが進み、得点の確率が高まる。

ただし、盗塁失敗のリスクを負うが・・・

戦術としては、俊足の選手が塁上にランナーがいる際に、盗塁をする姿勢を見せ、配球が直球主体となる傾向を利用することにより、バッティングチャンスを高めるという戦術が最も有効であると考えられる。

この戦術の有効性を高める方法は、相手チームに「①このチームは常に盗塁を狙ってくる」「②盗塁する確率が高い」と思わせることが有効である。

今シーズン、我がファイターズが取るべき戦術は、

①キャンプ中に、俊足選手を全面に押し出し、マスコミを利用しアピールする(実際に選手には盗塁意識を含めた走塁技術の重要性を認識させ、走塁テクニックの向上を目指す)

②紅白戦・オープン戦を通して、失敗をおそれず、超積極的に盗塁を企画する。

チーム首脳は、キャンプ・オープン戦の時期を通じて、上手くマスコミへアピールする方法を考えて欲しい。

この戦術を取り入れるには、俊足の森本選手・紺田選手や新加入で俊足と評判の川島選手・マシーアス選手を最大限活用することであり、特に新加入の二人は未知数の部分を上手く利用し俊足の印象を他球団へアピールして欲しい。

|

« 坪井選手、キャンプ離脱・・・ | トップページ | ファイターズOP戦開幕! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11108/544940

この記事へのトラックバック一覧です: 2006ファイターズの戦術・・・・盗塁の活用:

« 坪井選手、キャンプ離脱・・・ | トップページ | ファイターズOP戦開幕! »