« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

ファイターズナインが帰って来る!

よいよ、ファイターズナインが帰道します。

先だって、公式HPより発表がありました。→43,000プロジェクト

3月3日(金) 15:00~15:30(予定) JR札幌駅 東コンコース(エキスタ前特設ステージ)にて、監督及び選手一同、今シーズンにかける想いを宣言するそうです!

(選手の到着時間によっては予告なく中止及び開始時間が変更になる場合があるようですが)

いきてぇ~。しかし、平日・・・

まあ、翌日にオープン戦を控えているので、そちらに集中します。

あぁ、改めて地元球団があることのうれしさを噛みしめてみました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

ホッ&ガクッ・・・

本日のニュースによると→日本ハムのダルビッシュは異常なし-3月4日に1軍合流

サンスポによると・・・

東京都内の病院で精密検査を受け、異常なしと診断された。キャッチボールはすぐに再開でき、3月4日に1軍に合流する予定。

だそうです!

いや~。一時は心配しましたが、ホッとしました。

しかし、今ひとつ解らないのが、肩のはりの原因。

同じくサンスポによると・・・

中垣チーフトレーナーは「もともと肩が緩いので、腱板(けんばん)がうまく機能していない。開幕には影響なさそう。本人も痛みはないと言っている」と話した。

と言うことなので、今後も同じような肩の張りに悩まされるのでは?と思ったりします。

しかし、問題ないのであれば、開幕へ向けて順調な調整を行って欲しいものです。

一方、チームはキャンプを打ち上げました・・・

今日の練習試合の結果は、韓国・サムスンに4-19と大敗です。

期待の新戦力・ルーキー八木投手と新外国人・ディアス投手が打ち込まれた模様です。

これまで投手陣の調整が順調に来ていた様なので、ガクッて感じです。

しかし、新入団選手に対しての洗礼がこの時期にあったことは幸運な事かも知れません。

あと一ヶ月の間に課題を克服して、開幕を一軍で迎えて欲しいものです!

(ポジティブシンキングby坪井選手)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年2月26日 (日)

ファイターズOP戦開幕!

私は、昨日・今日と休日にお仕事でした・・・

あぁ・・・来週でなくて良かった!(札幌DでのOP戦観戦予定なんで)

さて、本題へ・・・

昨日のオープン戦(以下、OP戦)は、降雨中止。

今日がOP戦開幕となった我がファイターズ!

そのOP戦の緒戦は、対スワローズ戦でした。

結果は・・・

日本ハム-ヤクルト(13時1分、名護、6000人)
 ヤクル 000 011 000-2
 日ハム 010 000 003x-4
 ▽勝 マイケル中村1試合1勝
 ▽敗 高井1試合1敗
 ▽本塁打 木元1号(1)(石川)川島1号(3)(高井)

4対2でファイターズが、川島の逆転ホームランでサヨナラ勝ちを収めました。

リー投手・須永投手の左腕の先発候補二人が共に2回無失点だった様です。

ホームランのみの得点と言う必ずしも打撃面の課題は解消されていない様ですが、全体的には明るい兆しがあります。

しかし、心配な話題があります・・・

ニュースはこちらダルビッシュ、開幕ピンチ/右肩痛で長期離脱も

今年はローテーションの一角を担う活躍を期待していただけに、残念でなりません。

軽傷であることを祈るばかりです。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2006年2月23日 (木)

2006ファイターズの戦術・・・・盗塁の活用

盗塁効用は、投手の警戒心により打者への配球が直球主体ことである。

実際に、盗塁が成功すれば、得点圏へランナーが進み、得点の確率が高まる。

ただし、盗塁失敗のリスクを負うが・・・

戦術としては、俊足の選手が塁上にランナーがいる際に、盗塁をする姿勢を見せ、配球が直球主体となる傾向を利用することにより、バッティングチャンスを高めるという戦術が最も有効であると考えられる。

この戦術の有効性を高める方法は、相手チームに「①このチームは常に盗塁を狙ってくる」「②盗塁する確率が高い」と思わせることが有効である。

今シーズン、我がファイターズが取るべき戦術は、

①キャンプ中に、俊足選手を全面に押し出し、マスコミを利用しアピールする(実際に選手には盗塁意識を含めた走塁技術の重要性を認識させ、走塁テクニックの向上を目指す)

②紅白戦・オープン戦を通して、失敗をおそれず、超積極的に盗塁を企画する。

チーム首脳は、キャンプ・オープン戦の時期を通じて、上手くマスコミへアピールする方法を考えて欲しい。

この戦術を取り入れるには、俊足の森本選手・紺田選手や新加入で俊足と評判の川島選手・マシーアス選手を最大限活用することであり、特に新加入の二人は未知数の部分を上手く利用し俊足の印象を他球団へアピールして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

坪井選手、キャンプ離脱・・・

ガーン×2

坪井選手のブログによると、

「実は自主トレから右臀部(お尻ですね)に坐骨神経痛を患っていまして・・・。最初は違和感くらいやったんですが、日が経つうちにドンドン痛みに変わり、今日には我慢しきれない状態にまでなってしまいました。」

とのことです・・・

キャンプを離脱して、鎌ヶ谷で治療とリハビリに励んで行くそうです。

私がショックを受けても仕方ありません。

辛いのは坪井選手本人でしょう。

私たちにできることと言ったら、少しでも早く彼が復帰出来る様に祈る事くらいです・・・

経過はブログで報告してくれるとの事なので、見守って行きたいと思います。

シーズンまでは時間がありますので、焦らず治療に専念して下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファイターズの捕手陣について

先日、terusi7さんのブログ「Fightersを斬る」にて捕手のキャッチングの話題になりました。

要求したコースに構えるタイプとぎりぎりまで構えないタイプの二通りの捕手が居て、ファイターズの捕手は後者なんです。

このときは、鶴岡捕手の構えが遅すぎることをterusi7さんが指摘されていました。

私は、投手へ配球の意図を明確に伝えるために、コースにきっちり構える捕手が好きなんですが、昨年のVTRを見直すと、高橋捕手も構えるのが遅いです。

terusi7さんが元巨人の山倉捕手のエピソードを披露して、キャッチャーミットが投球する際の的としての役割の重要性を指摘されていました。

この話には、関心させられました。

であれば、投球する際の的は早めに定まっていた方が良いでしょう。

他球団の捕手をVTRがあるチームについて見てみたんですが、ホークスの城島捕手は構えるのが遅いです。マリーンズの里崎・橋本捕手は構えるのが早く、ミットの色も白で縁取りされて目立つ工夫がなされています。(その他の捕手は、VTRが無いので今後チェックします)

今年は、捕手の構えに重点を置いてプロ野球を観戦してみようと思います。

こんな風に、野球観戦の楽しみを少しづつ増やして行ければと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年2月21日 (火)

コグマくん名前募集のその後

ファイターズ球団が募集していたB☆Bの弟くん(コグマくん)の名前ですが、当方も果敢に応募しました。

以前に当ブログで取り上げました。こちらの記事参照→B☆Bに・・・!

私が応募したコグマくんの名前は・・・

続きを読む "コグマくん名前募集のその後"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年2月20日 (月)

ロッテファンの経験値

chika ko-26さんのブログ「Lotten'on」で、「ロッテファンの経験値」という企画を行っているので、参加してみました。

チカコさんのブログは、前身のブログのころから、お邪魔しておりまして、移籍後も時々お邪魔していました。

参加するのは、当然私ではなく(経験値0)、自称マリサポの私の相棒です。

ではでは、スタート!

続きを読む "ロッテファンの経験値"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

日本一早いパ・リーグ順位予想!

私の知る限り、今シーズンの順位予想を見ていないので、勝手に日本一早い順位予想を行います!!

今年は、ファイターズの選手および首脳陣の意気込みが違うと、坪井選手がブログで言っておりました。

よって、結論!今シーズンのパ・リーグは

1位 ファイターズ

2~6位 ホークス、マリーンズ、ライオンズ、バファローズ、ゴールデンイーグルス

2~6位は、キャンプの取り組みが解りませんので、順位付けすることが失礼になるので、行っていません。(それは順位予想とは言いませんと言うツッコミが聞こえてきますが・・・)

当ブログは、宣言します。

今年のパ・リーグ優勝は、北海道日本ハムファイターズです!!!

以上、優勝予想でした。(あれ?順位予想じゃ・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【投票結果】開幕投手は彼に任せた!

先日来、当ブログで投票企画を行っていた、「2006年シーズンの開幕投手は彼に任せた!」の投票結果を集計したので、発表致します。

集計結果は、1月19日時点のものです。

1位 エース 金村投手 16票
2位 期待度No.1 ダルビッシュ・有投手 13票
3位 左のエース格を期待  リー投手 11票
4位 将来のエース候補生 須永投手 10票
4位 狙え新人王!八木投手 10票
6位 正念場の右腕 江尻投手 9票
6位 大穴新外国人 フェリックス・ディアス投手 9票
8位 崖っぷちの左腕 正田投手 8票
9位 魅惑のサイドスロー 立石投手 7票
10位 大型サイドスロー 鎌倉投手 4票
11位 その他(コメント欄に記入願います) 6票
投票総数 103票

思ったよりも、接戦でした。

個人的には、開幕は金村投手以外いないと思っていましたので、ダントツのトップとなり、あまり面白味の無い結果になってしまうことも心配していました。

得票の高い3名は、今シーズンのローテーションを確実に担って頂きたい3名であり、投票してくれた皆さんはファイターズの戦力を良く把握されていることが反映されていると思いました。

あと、意外といっては何ですが、須永投手・八木投手への期待が大きいことが伺えたこと。

開幕投手となると、得票が伸びないかと思いましたが、ともに10票を獲得しました。

反対に、鎌倉投手は、僅か4票にとどまりました。

投票総数103票!投票して頂いた皆さんありがとうございました!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

ファイターズの怪談・・・

ブログ界で流れている世にも恐ろしい怪談を追跡したtomoです。(季節はずれですが・・・)

その恐ろしい言葉に出会ったのは、つい二日ほど前のことです・・・

いつもの様に、ファイターズの情報を収集するため、お気に入りのブログ巡りをしている最中のことでした。

丁度、KIDさんのブログ「Fighters@Yah!Yah!Yah!」で、マシーアスが来日したことを知って喜んでいたときです!恐ろしい言葉が目に飛び込んで来ました!

「呪い、呪われ、アルモンテ。」(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

只でさえ寒い北海道が、さらに凍り付きました。

その後、いったんは何も無かった様に時を過ごしましたが・・・

そして、今日になり、いつもの様にKIDさんのブログ「Fighters@Yah!Yah!Yah!」を訪れたところ、あの呪いのことばについて語られている記事を発見しました・・・

その記事によると、今年のファイターズのショートには、「尾崎、親知らず生える。」様な恐ろしい出来事の続いていることに触れ、その原因についてnarukoさんのブログで、美緒さんが語られていたとの事です。

恐ろしさに一瞬、躊躇しましたが、私は勇気と振り絞ってnarukoさんのブログ「夢で逢いましょう」を訪れました。

そこには美緒さんがショート陽選手のエラーについて触れたくだりに・・・

アルモンテ降臨」の文字が!!(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

こうなってくると、私の好奇心が前へ歩を進ませます。

ついに、美緒さんのブログ「ベースボール短編集」へ

そこでファイターズのショートに続く恐ろしい出来事の原因を

「きっと、それはアルモンテの無念と怨念のせいだよ。」と断言しているではありませんか!!

しかし、私は次の瞬間救われました!

「アルモンテの供養をちゃんとしないとね・・。
ハムでは、散々だったけど、幸せになってね~ えりっく(はぁと)」

キタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━ッ!!

もう、立ち入ってはいけない領域に踏み込んだと思った私の前に菩薩が光臨しました!!!!!!!!!

私の打ちのめされた心を救ってくれました!

菩薩の慈悲の心に、きっと呪いが解けるのでは無いかと、一閃の希望の光が見えました・・・。

以上、私のこの冬の体験談を終わります。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年2月17日 (金)

【投票企画】開幕投手は彼に任せた!

今シーズン、ファイターズの開幕戦は札幌ドームで行われます。

今から開幕戦が実に楽しみです!

そこで、「もう開幕が待ちきれない!投票企画」を行います!

「あなたが監督だったらファイターズの開幕投手に誰を指名しますか?」教えて下さい。

続きを読む "【投票企画】開幕投手は彼に任せた!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

8時だよ全員集合!?

本日、セギノール選手が合流して、「全員集合」したファイターズ。

なんと!マウンド上に口ひげを蓄えたマイケル投手の姿が!!!

こちらのニュース参照→■マイケル、口ひげをはやしイメージチェンジ

(“ひげダンス”を彷彿とするのはナイショです・・・)

ひげなしの印象が強いだけに、違和感が・・・すぐに見慣れるでしょうが。

それはさておき、怪我から復帰して、今年はフルシーズンの活躍を期待します!

今年、チームが目指している野球では、投手陣、特に僅差を守りきるリリーバーの存在が重要となります。

そこで、マイケル投手の存在がより重要になってきます!

今年も勝ち試合の終盤で、このアナウンスが響くことを期待します!

「ピッチャー○○に替わりまして、ひげダンスことマイケル中村投手!」(ワーーー!!(観客期待の歓声のつもり))

---------------------以下引用(北海道日刊スポーツより)

06021704

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月16日 (木)

外国人選手やっと集合する・・・

なかなか集合しない外国人選手たちにヤキモキしておりましたが、報道によるとディアス投手が到着早々、練習を行ったと言うことです。

ニュースはこちら→■新助っ人ディアスが合流/休日返上始動と意欲十分

マシーアス選手・セギノール選手は・・・?と思っていたところ、KIDさんのブログFighters@Yah! Yah! Yah!」によると、マシーアス選手も来日しているとか。

(ところで、「呪い、呪われ、アルモンテ。」って・・・笑いました)

しかも、明るいキャラクターの様ですね!

セギノール選手は、本日沖縄入りし、明日チームに合流するそうです。

これで、全員集合です!

あとは、これ以上、けが人が出ないことを祈るばかりです。

------------------------以下引用(ファイターズ公式HPより)

左ディアス投手・右マシーアス選手

0216_1b_2 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年2月15日 (水)

小谷野選手、キャンプ離脱!

ガーン! (ショックを受ける音・・・)

昨日の報道によると、

--------------以下引用(北海道日刊スポーツより)

■小谷野が左脇腹を痛め、キャンプを離脱

 日本ハムの小谷野栄一外野手(25)が13日、バント中心の実戦練習中に左脇腹を痛め、キャンプを離脱した。名護市内の病院に直行し「左第8肋骨(ろっこつ)不全骨折」と診断された。全治は2、3週間を見込んでおり3日間は安静。その後は別メニュー調整となる。ヒルマン監督は「バスターエンドランの時に思いっきり振って痛みが出たようだ」とコメントした。小谷野は通院後「大丈夫です」と気丈に振る舞っていた。このキャンプから外野手に転向し、紅白戦など実戦4試合で、14打数7安打5打点1本塁打と好調を保っていた。

---------------引用ここまで

ガックリです・・・

調子が良く、元気な若手が怪我してしまうなんて・・・

これまで好調だった小谷野選手だけに、好事魔多しって感じですな。

いずれにせよ、焦らずに開幕へ向けて、治療に専念して欲しい。

そして、今シーズンの活躍を期待します!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

B☆Bに・・・!

ファイターズ公式HPによると、なんと!B☆Bには弟が居るそうです!!

プロフィールが紹介されていたので、掲載しときます。

---------------------以下引用。

<プロフィール>

好きなスポーツ: 野球(リトルリーグ所属)
鎌ヶ谷ファイターズタウンで遊べるのが嬉しくて仕方が無い。
ファイターズの選手はみんな好き
着用ユニホーム: キッズファンクラブのマーク入り
ひとこと:

憧れのお兄ちゃん=B・Bに一歩でも近づけるよう頑張ります。
ボクにピッタリの名前を付けてください

---------------------引用ここまで。

名前を募集中だそうです!

当応援団でも、名前を応募予定です。

考えた名前は、後日発表します・・・

応募締切は2006年2月22日(水)必着となっています。

しかし、採用の商品がイースタンリーグ公式戦始球式とコグマグッズとは・・・

今年は鎌ヶ谷への予定を入れねば(捕らぬタヌキの皮算用・・・

偉大なお兄さんを持つと、彼も何かと大変かと思います(余計なお世話)。がんばれ小熊!

-------------------ファイターズ公式HPより「B☆Bの弟」

Img_koguma

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月13日 (月)

練習試合 対タイガース戦

2月12日 対タイガース戦の練習試合が行われた。

今日はHTBで放送された試合の録画を見た。

編集されていたので、出場全選手は見れず、見た選手の中の感想を述べる。

ダルビッシュ投手・須永投手は、なかなか良かった。

特に須永投手は、よくまとまっていたし、球が走っていた。

佐々木投手・武田投手は、9回に二人で5失点!

昨年からデータで明らかなんだけど、ファイターズは内角攻めをほとんどしない。

パ・リーグNo.1は、やはりホークス。長打のリスクが高いのは、必然だし内角への投球が多ければ良いという訳でないけど・・・

しかし、効果的な内角攻めは必要である。

如何に打者に内角を意識させる配球をできるかが、特に佐々木投手あたりは必要かと思います。

サイドスローに転向した佐々木投手は、左キラーとして活路を見いだす必要があり、外角へ逃げる変化球を活かすために、内角を思い切って攻める練習をして欲しい。

打者では、森本選手・小谷野選手のバットが良く振れていた。

ちなみにterusi7さんブログ「Fightersを斬る」で森本選手を下記の様に評していました。

--------------------以下引用。

■ 森本選手
2安打して、一見好調のように見えますが、バッティングの内容事態は昨シーズンから
進歩していない。以前も書いた事がありますが、外角の球を打つ時に、軸足の右足を後ろに
下げる癖が直っていない。今日のセカンドゴロの時もインパクト時に右足は宙を浮いていました。
これでは打球に力を伝える事は難しく、上半身の力に頼った打ち方になるので確率も低い。
昨年並みの数字は残せるだろうが、飛躍的に向上することは難しそう。

--------------------引用終わり。

そうですか・・・。勉強になります。今度そう言う目で見てみようっと。

彼は好守備・俊足があるので、打撃が向上すれば一流選手に化ける可能性を秘めているので期待している選手のひとりです。

ぜひ、弱点を克服して、開花して欲しい。

全体的に、この時期からシーズン本番を想定した野球に取り組んでいるファイターズ。

この取り組みに期待が膨らんでいます!

後は、首脳陣が意図することを、後は如何に選手個人個人が理解し、プレーすることが重要であり、一方、選手がその意図の理解を深めるためのミーティングを首脳陣には期待したい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月12日 (日)

レプリカユニホームを新規購入!

  今シーズンへ向けて、応援グッズ購入の第一弾!

レプリカユニホーム(無地・Mサイズ)を購入しました!

ちなみに、現在所有の応援グッズは以下の通り。

・ツインメガホン(2代目) 現在はこれを使用。持ち運びに便利なため。応援グッズのおすすめ品!

・ダブルバットメガホン 押入に保管。

・レプリカユニホーム(ホーム 小笠原 Lサイズ) 主に着用。レプユニ(ホーム)も応援グッズのおすすめ品!(やや高価なのが難点・・・)

・レプリカユニホーム(サード 小笠原 Mサイズ) たまに着用。(相棒(マリサポ)の付き合いでライトスタンドに紛れるときにも使用)

・ファイターズ鳴子(ローソンで販売)×2 チャンステーマで活躍!

・マフラータオル(小笠原) チャンステーマの際に活躍(汗だくのため・・・)

・スポーツタオル(金村) 「なまらサイコー!」でお馴染み。金村投手先発の際は必需品。彼のモチベーションアップアイテム!

・応援ボード(自作) スケッチブックに選手名などを貼り付けた応援ボード。持ち運びが大変なため時々使用。

こうして見ると、意外と色々持っています・・・

(ファイターズ関連グッズとなるとまだまだありますが・・・。そうだ!今度整理して勝手に批評してみようっと!) 

レプリカユニホームって意外と大きめサイズで、私は身長172cmなんですが、Lサイズだとちょっと大きすぎます。

今回は、Mサイズにしています。

そして、背番号は「番号無し」の無地のものを購入しました。

その理由は、市内のスポーツ店でネームと背番号を入れて貰うため!

私が依頼したスポーツ店では、5,600円でネームと背番号を入れてくれます。

本日の発注で、約2週間必要とのことなので、3月4日のオープン戦の札幌ドーム初戦に新ユニデビューの予定です。

ことろで、誰のネームを発注したのかは、ナイショです・・・(別に知りたくないと思いますが)

手元に届いた際には、当ブログでネーム付きユニを公開します。(やっぱり誰も知りたくないと思いますが)

ちなみにネーム貼り付けまえのユニは、こちらです。

Cimg0501_2

Cimg0502_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

坪井選手のブログ更新!

坪井選手のブログは、「子供の教育論を語る・ファンのあり方を語る・プロ野球選手やひとりの人間としての自身のあり方を語る」素敵なブログです。

坪井選手のあまり包み隠さない人間性が好きである。

それは当然野球への取り組む姿勢にも反映されている。

クールで、ええカッコしいの方がちょっと見た時は、よく見えるかも知れませんが、やっぱり魂の熱さが思わず出てしまう人が好き。

坪井選手が今年のファイターズ全員の意気込みがいつもと違うって語ってるのを聞いたとき、今年のチーム飛躍の期待が一気に高まりました。

それは、常に妥協せず、正直に物事を語る坪井選手が発した言葉だからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真・野球好きブロガー生息図に登録申請!

タイガースファンのichikenさんが運営されているブログ「鯛が酢・おミルク(タイガースを観る)」で、「真・野球好きブロガー生息図」という企画が行われています。

私もブログ初心者ですが、登録申請させて頂きました。

野球好きのブロガーの交流を活性化させる素敵な企画です!

登録は↓で随時募集されています!野球好きブロガーのみなさんもご参加下さい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガンちゃんの引退試合決まる。

昨シーズン限りで引退を表明していた「ガンちゃん」こと岩本勉投手の引退試合が3月5日のマリーンズとのオープン戦に決まったようです。

→ニュース参照岩本の引退試合は3・5ロッテ戦/異例の練習参加も

マリーンズ側の了解も取れており、ほぼ決定的とのこと。

札幌ドーム、最後のマウンド上の勇姿を目に焼き付けておこうと思います。

引退後も、解説者としてファイターズを盛り上げて貰えれば嬉しいです。

そして、近い未来に再びユニホーム姿を見せて欲しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

情報戦線に期待高まる

昨年末にも報道されていましたが、ファイターズのスコアラーが3名増員されて、従来の先乗りスコアラーの他に、先先乗りスコアラーも送り込む体制を確立するそうです。

→ニュース参照スコアラー3人増員で情報力を強化 沖縄キャンプ

これにより、昨年よりもより多くの情報を入手して戦いに挑むことが出来る様になります。

(どのように情報を生かすか、又は、どのように必要な情報を得るかは別問題ですが)

昨年の交流戦の惨敗は、情報不足に原因があることは明らかで、反省を踏まえている点では、期待がもてます。

それを考えると、情報戦で劣っていながらも、同一リーグ戦はそこそこの戦績で戦っていたファイターズの技術的な戦力面は、他チームに比べても引けを取らないものであるとも考えられます。

他球団の情報収集やその活用術を競っている近年の野球。

情報量が少ない中で、戦っていたファイターズは、常にハンディキャップを背負っていたと言っても過言じゃない。

より多くの情報量を活用する今シーズンの戦いに期待が高まります。

しかし、昨年よりも多く得られる情報を活用する体勢を確立するのに、多少時間が掛かるかも知れないが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

甘やかしてはいけません!

そう言えば、セギノールとマシーアス選手、フェリックス・ディアス投手が来日していません!

大沢親分もを入れています!(当然です!!)

→このニュース参照新庄は「あっぱれ」、外国人は「喝」 大沢親分

契約が遅かった事情などがあるかも知れませんが、早く来なさい!

球団も早く来日する様に段取りしなさい!

いったいなぜ遅れているのか・・・

「ビザの取得が遅れている」が言い訳の常套句ですが、要はやる気が無いじゃないかと。

「契約の遅れ=ビザ取得の遅れ」何だろうから、その点も含めて戦力補強が球団はへたくそだ!

リーとトーマス投手は、来日しています。

早期の来日を希望します!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

紅白戦、初HR!

木元選手が紅白戦初HRを放ったそうです。

投手優位と言われるこの時期に、HRを打つとは、今シーズンの活躍が期待されます。

昨シーズンのオープン戦~シーズン序盤は、素晴らしい打撃を見せていました。

しかし、シーズン途中に守備中に負傷したため、今ひとつの成績に終わってしまいました。

今シーズンこそは、フルシーズン素晴らしい活躍を期待しています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

須永投手とわたし

一見、意味深なタイトルだが、須永投手と私の間に特別な関係はない・・・

(当たり前ですが・・・)

須永投手と私は、相性が良くない。

入団以来ずっと注目しているが、札幌ドームで彼を見に行こうと思うと、都合が悪くなって行くことが出来ないのである・・・

1回目は、須永投手のルーキーイヤーの1軍初登板(ノックアウト)、2回目は、2年目最後のシーズン初登板(驚きのナイスピッチング)。

3年目の今年は、彼の姿をたくさん札幌ドームで見れると信じています。

----------------------------

関連記事は、日刊スポーツより須永が実戦練習で安定した制球力

写真は同じく日刊スポーツより引用

Sunaga_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

ファイターズ捕手陣と三振論について

ちどりさんのブログ11連敗から始まるファイターズ応援blog」でGAORAのキャンプ情報番組の捕手陣へのインタビューとファイターズ首脳陣の三振対処法に関して光山氏(GAORA解説者)の見解を取り上げていました。

ファイターズ捕手陣は、現在の正捕手・高橋信二選手がケガを完治して、今シーズンの活躍が期待されますが、私の一押しは、若手の鶴岡選手です。

鶴岡選手は、所謂、キャッチャーらしいキャッチャーで、若手ながら間の取り方や構えに安定感があります。リード面と捕球からのスローイングまでのスピードを磨いて、正捕手の座を獲得して欲しいものです。しかし、高橋選手の打撃センスは、素晴らしいものがあり、鶴岡捕手の成長によっては、高橋選手をコンバートする案も首脳陣には考えて頂きたい。(昨シーズンのケガはかなりひどい様で、完治したとは言え、捕手としてのハードワークにフルシーズン耐えられるかという心配が高橋選手にはあります・・・)

次に三振論は、三振数を減らすことが目的になってはダメだと考えます。三振を減らすための追い込まれてからの対処は、カウントが不利な状態での対処であるので、そこから良い結果を出すのは必然的に苦しくなります。追い込まれる迄の間に、バッテリーの傾向や試合状況およびその打席の配球から狙い球をどの様に絞り込むかが重要であり、追い込まれてからの対処をいくら練習しても三振を減らすことは難しいと考える。また、首脳陣は、「三振=流れの断絶」と言う意識を選手に浸透させて欲しい。三振は、次に繋がる確率が最も少ない結果である。三振から次の展開があるのは、振り逃げだけである。しかし、ゴロを打った場合は、相手守備陣にて「捕球→送球→捕球」と言う動作が行われるため、相手のミスが生じる可能性が3回もある。野球は、確率のスポーツである。少しでも確率の高いプレーを行うことが、勝利への近道となるだろう。

「塁上にランナーがいる場合、ゴロを打つことによって、ゲッツーの可能が高まるので、それよりは三振の方がまだマシだ」と言う様な、選手のコメントを読んだことがある。しかし、一塁にランナーがいて、打球によっては、ゲッツーとなる可能性が高いのならば、ランナーを含めゲッツーとならない様な攻撃を普段からチームとして心がけるのが重要ではないかと思う。

私が最も好きなエピソードとして、スワローズ時代の金森栄治選手(現ホークスバッティングコーチ)は、ある試合の決勝打を放った打席を振り返って「たとえ凡打でも、いい凡打を打ちたかった」とコメントしたのを聞いたことがある。この精神をファイターズの選手は、学んで欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月 5日 (日)

井場友和投手について

井場友和投手は、今シーズンに向けて体重を15キロも落としたそうです。

---------------------

(ファイターズ公式HPより引用)

今日は井場選手と金森選手がフリー打撃に登板。両投手役10分間60球を投げました。
井場投手は昨シーズン終了時から肉体改造を行っており、なんと約15KGも体重を落としてのキャンプイン。今年にかける意気込みを感じました。

本人も、

「去年より確実に体が軽いと実感できている。いい球が行っているかどうかはまだ分からないけど、(やせたことで)同じトレーニングをやっても去年より全然辛く感じなくなっている。それが良いピッチングにつながれば」と減量したことの効果を話してくれました。

-----------------------

昨シーズンは肩で息をする姿をマウンドで何度も見ました。

この取り組みが良い投球に繋がってくれれば、嬉しいんですが・・・

昨シーズンは、彼が登板すると球場から悲鳴に近いため息が広がることがしばしばでした。

その不甲斐ない投球では仕方ありませんが、今年はそのような事が無い様に、素晴らしい結果を期待します。

あと、美緒さんのブログ「ベースボール短編集」で、減量15キロを面白い視点で考察していました。

確かに、100キロオーバーと仮定すると、投手としてまずいんじゃないかと・・・

いずれにせよ、この心意気でシーズンでも好成績をってことろでしょうか。

あと、リバウンドしない様に私からも重ねて、お願いします!

-----------------------

(ファイターズ公式HPより引用)

F0204_2b_1

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006シーズンの新庄選手に望むもの

昨シーズンの新庄選手は、ケガに泣かされたシーズンであった。

今シーズンは、ケガが癒えて活躍してくれると信じている。

新庄選手の魅力は、ここ一番でもチャンスをものにする打撃と、華麗な守備である。

ケガさえなければ、私たちファンにその魅力を遺憾なく見せてくれるであろう。

そして、彼に望むものがあるとすれば、積極的にチームを明るくするムードメーカーとしての役割をより一層期待したい。

これまでの2シーズンは、多少の遠慮があったかも知れない。

また、彼の周囲へ人一倍配慮する性質が影響したかも知れない。

しかし、今シーズンは、どんな苦しい場面でも、積極的に前へ出てリーダーシップを発揮しつつ、明るくチームを牽引してチームの雰囲気を良くして欲しい。

新庄選手には、小笠原選手とともにチームリーダーを担って欲しいのである

役割をそれぞれ分担して行けば良いと考える。

二人には、それぞれのプライドがあって難しそうだが、新庄選手は気遣いができる人間なので上手くやってくれると思う。

一見すると相反する性格の二人がリーダーとして、今まで以上に調和すればファンから見ると非常に魅力的なチームとなり、また、ファイターズが優勝することも難しいものではないと考える。

-----------------------------------

(ファイターズ公式HPより引用)

01_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

札幌D、OP戦の観戦予定

今シーズンのオープン戦の観戦予定を立ててみる。

<札幌ドーム ファイターズ オープン戦日程>

○・・・観戦、△・・・観戦予定、×・・・観戦無し

3/4(土) ○

千葉ロッテ (札幌D) 13:00

3/5(日) ○

千葉ロッテ (札幌D) 13:00

3/15(水) ○

巨人 (札幌D) 18:00

3/16(木) ×

巨人(ジャイアンツ主催) (札幌D) 18:00

3/18(土) △

中日 (札幌D) 13:00

3/19(日) ○

中日 (札幌D) 13:00

3/20(月) △

横浜 (札幌D) 18:00

3/21(火・祝) ○

横浜 (札幌D) 13:00

ジャイアンツ主催は、あえて回避してみる。平日なので仕事が忙しいので、観戦が難しいのもありますが・・・

観戦予定数 8試合中5試合(2試合未定)

観戦試合の戦績は、何勝何敗かな?今年のシーズンを占う意味で楽しみです!

今シーズンは、シーズン中の観戦試合の勝敗をカウントしようと思っています。

**********************

写真はなぜか昨年の阪神戦(札幌D)のライトスタンド・・・

すごいんで思わず撮りました・・・(汗)

Hanshinsen_3 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

陽仲寿(ヨウ・チョンソ)選手の活躍に期待!

ファイターズのキャンプがスタートして、ユニホーム姿の陽仲寿(ヨウ・チョンソ)選手を見ましたが、ユニホームが似合っている!

そして、笑顔がカワイイ!

おじさんは、やられました!

すっかりファンになりました!

田中幸雄選手よろしく、一年目より一軍での出場機会を期待します。

ドドンド!ドン!ドン!ドン!ヨウ!チョンソ!

(元スワローズの秦真司の応援風に・・・)

今年の応援はこれで行きます!

【追記】

おっと!にわかファイターズファンの大御所・ルパート・ジョーンズ氏の「にわか日ハムファンのブログ」で、こんな企画が立ち上げられていました。

ちっとも役に立つ情報はでありませんが、キャンプインに際して、私の心の叫び(笑)をトラックバックさせて貰おうと思います。

--------------------------------

(北海道日刊スポーツより引用)

06020206 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

キャンプイン、ちょっと前です!

今日、キャンプインしましたが、ちょっと昨日のニュースに触れなければなりません・・・

それはこちらの新庄 ユニホームで空港に登場・・・

さすが、新庄剛志・・・

彼はNo.1です。

そして、私が考える最大のサプライズは、「彼がバッティングで【3割20HR100打点】の活躍を見せること!」だと日々思っています。

それが、今シーズンであります様に・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャンプインです!

さあ!今日からよいよキャンプインです!!

今シーズンは、「投手陣の継投」、「守備の連係」、「打線の繋がり」の「繋がり」が最重要テーマとして、キャンプで練習に取り組んで欲しい。

投手陣の継投

投手陣は、完投を望める投手が少ないので、リリーフ陣に負担が掛かるので、リリーフ陣の整備を期待したい。

トーマス、マイケル、武田久、建山、横山、立石の各投手の働きに期待したい。

守備の連係

守備陣は、特に内野連係を中心とした、守備力を向上させて欲しい。

外野陣の守備力は、12球団でもトップクラスと思っている。

内野手は、連係強化し守備力の向上を図って欲しい。

打線の繋がり

打撃陣は、走塁も活用した打線の繋がりを重視して欲しい。

長打だけでは、効果的な攻撃をすることは難しい。

昨年の三振ワースト記録の反省を踏まえて、繋がる打線が望まれる。

そして、最後に付け加えるならば、チームリーダーを中心とした、選手同士の気持ちの繋がりをより一層期待したい。

目標はただ一つなので、目標へ向かっての団結力を見せて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »