« スカパー!入りました! | トップページ | OP戦、対マリーンズ戦 »

2006年3月10日 (金)

OP戦 対ドラゴンズ戦

中日 0勝0敗1分 
3月10日 14時00分開始 ナゴヤドーム 

       1 2 3 4 5 6 7 8 9  計
日本ハム  0 0 0 0 0 0 1 0 0  1
中日     0 1 0 0 0 0 0 0 0  1

勝: 負: S: 
日本ハム 金村,ディアス,立石,トーマス,マイケル中村 - 高橋,鶴岡
中日 川上,落合,デニー友利,岩瀬 - 小田
本塁打

詳細はこちら→日刊式スコア

投手戦なのか、貧打戦なのか・・・

実際に見ていないので分かりませんが、気になる点をいくつか。

結果だけを見ると、投手陣の仕上がりがすばらしい。

金村投手・立石投手の二人は、OP戦初登板で結果を残した。

1軍ボーダーのディアス投手は、一応結果が出た。(6回のボークが気になるが)

ダブルストッパー構想の噂が囁かれているトーマス・マイケルコンビは、共に順調の様です。

一方、打者は、新庄選手が唯一の打点を上げる活躍!

2回に盗塁死していますが、走塁面での積極性も見られて期待が持てます。

新リードオフマン候補のマシーアス選手は、なんと4の0で全て二ゴロ。

自分のスタイルを徹底していますが、すべて同じ方向へのゴロでアウトが気になる点です。

あっさり弱点見つけられた?

試合の全体を見ると、ほとんど無いチャンスで1点を上げているところは、昨年との違いじゃないでしょうか。

次の札Dでの試合が楽しみです!

|

« スカパー!入りました! | トップページ | OP戦、対マリーンズ戦 »

コメント

>試合の全体を見ると、ほとんど無いチャンスで1点を上げているところは、昨年との違いじゃないでしょうか。

四球を絡めて得点したのは評価していいのではないでしょうかね。
金村がちゃんと投げることができたのはやはり大きいですし。

貧打戦か投手戦かわからない中でも収穫はあったゲームということにしておきましょう^^

投稿: KID | 2006年3月11日 (土) 08時01分

>金村がちゃんと投げることができたのはやはり大きいですし。

この点が最大の収穫ですね!
今日になって試合の模様を録画でみましたが、貧打戦の印象が強いですね。
ドラゴンズの打者のチャンスでの打ちミスが目立ってました。
特に、6回のディアス投手の投球の際に・・・
しかし、コースが甘くともボールにキレがある結果だと考えると期待がすこし持てます。

投稿: tomo@管理人 | 2006年3月11日 (土) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11108/984024

この記事へのトラックバック一覧です: OP戦 対ドラゴンズ戦:

» 3/10【vs中日OP戦】 超貧打戦で…引き分け ヘ(。_゚)ノ [Fighters@Yah! Yah! Yah!]
 投手戦なのか貧打戦なのか、それが問題。 <オープン戦:日本ハム1−1中日>◇10日◇ナゴヤドーム【ニッカン式スコア】  ハム3安打、中日3安打。それでも、よく互いに1点取れたものだ。  Fs打線は、川上憲伸に5回までノーヒットに抑えられる。  公式戦だったら、広瀬哲朗に髪が生えてくるようなショックな記録が生まれていた気がしないでもない。二流相手にゃ亀田興毅のように嵩にかかるクセに(たまにだけど)�... [続きを読む]

受信: 2006年3月11日 (土) 08時02分

« スカパー!入りました! | トップページ | OP戦、対マリーンズ戦 »