« 対マリーンズ、1回戦、千葉M | トップページ | なんとか連敗脱出・・・ »

2006年3月29日 (水)

負けに不思議な負け無し・・・

「勝ちに不思議な勝ち有り、負けに不思議な負け無し」

私が尊敬する某ライバルチームの監督のお言葉です。

負ける試合は負けるべくして負けるものです。

坪井選手は、色々考えてながら見ましたが、やはり調整不足の様です。

開幕前のケガが実に痛かった・・・

昨日・今日と先頭打者の場面でも本来の打撃が出来ていません。

投手陣も色々ありますが、とりあえず打撃陣について。

マリーンズ先発の渡辺投手に対して、同じような打撃を繰り返す我がファイターズに勝つ気は無いようです。

私の様な素人の考えだと、これだけ苦手ならば当然対策を立てるものと思っていますが、ファイターズはそうではないようです。

木元選手・高橋選手・金子選手は同じような打撃の繰り返し・・・

なぜ簡単にフライになるのか、なぜ簡単に引っかけてしまうのか考えているのでしょうか。監督・コーチは指導しているのでしょうか。

小笠原選手・森本選手は、攻略のためのお手本となるセンターから逆方向への意識をもった打撃をしていました。

マシーアス選手もノーヒットですが、攻略しようとする意図が見られました。

稲葉選手は、バットのヘッドが立っていてボールを上から叩く意識でバッティングする選手なので、彼なりに得意コースを待って上手く裁いていました。

渡辺投手を攻略するには、アンダースローの球筋を考慮し、ボールを上から捉える意識や逆方向へ打球を飛ばす意識を持つしかないと考えられます。

次の機会には、今度こそ、今度こそ、渡辺投手対策をしっかりたてて、挑んで欲しいです。

明日は、ダルビッシュ投手が投げます。

同一カード三連敗は絶対に許されません。

1戦必勝で望んで欲しいものです。

|

« 対マリーンズ、1回戦、千葉M | トップページ | なんとか連敗脱出・・・ »

コメント

私も素人ながら思う事があり、単純に「相手側の攻撃中は時間がかかり、ファイターズ側が攻撃中の時間はあっというま」。
私の父もtomoさんと同じ事を言っています。バッティング指導はどうなっているんだと・・。ねばる力みたいなものがないような気がします。特に金子選手は。。

投稿: こぶた | 2006年3月31日 (金) 13時56分

今日の試合を見る限り、金子選手はチャンスに何とかしようとする意識がみられました。
いかんせん今季ノーヒット・・・
今日の様なチャンスの場面ではヒットを望むには厳しいかと。
ベンチはスクイズのサインや代打を送る配慮が必要です。
そうしなければ、ノーヒットのプレッシャーが増すばかりかと思います。

投稿: tomo@管理人 | 2006年3月31日 (金) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11108/1210588

この記事へのトラックバック一覧です: 負けに不思議な負け無し・・・:

» 貯金ゼロ [「試される大地北海道」を応援するBlog   ]
北海道日本ハム 2-5 千葉ロッテ 案の定サブマリンに負けちゃいました・・・ 早くも貯金を食い潰しましたね。 フジテレビ739のプロ野球ニュースで結果を見ましたが リーが自滅してしまいましたね。 SHINJOに代わって今季初先発のひちょりが猛打賞に センター... [続きを読む]

受信: 2006年3月29日 (水) 23時57分

» 3/29 vs MARINES 困ったね、あんた [Fightersを斬る]
今日は短めに。 [続きを読む]

受信: 2006年3月30日 (木) 00時28分

» 俊介・・・ [ハム日記]
 対俊介、3年越しに10連敗(涙)。金村が対オリックス12連勝中なので、因果応報といったところか。  昨日好投のディアスを落としてまで上げたリーと残したトーマス、どちらも結果出せず。建山が 今日は良かったみたい。出してみないとわからないところはあるけど。勝は・・・、まあ、ルーキーなので こんな日からも学ぶことはあるさ(甘すぎるか?)。  打つ方では坪井と金子はいったん外したほうがいいんじゃないかと。賢介、川島、飯山、他にも いるのでは?特に坪井はケガで調整不足らしいし、今のうちに再調整..... [続きを読む]

受信: 2006年3月30日 (木) 00時30分

« 対マリーンズ、1回戦、千葉M | トップページ | なんとか連敗脱出・・・ »