« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

対ホークス戦1勝2敗

3連戦の傾向は、「打線が低調」、「投手が好調」といった感じです。

打線が低調のなかで1勝出来たのは投手陣の頑張り以外の何者でもなさそうです。

昔から良く言われていますが「打線はみずもの」って言葉を信じて、打線が爆発する時期を楽しみに待ちたいと思います。

特に今日の江尻投手は、2失点の場面こそ残念でしたが、それ以外の好投を考えると打線が援護して欲しかった。

その失点した2回の場面も、ズレータには内角を狙ったボールが真ん中へ行くコントロールミスがあり、連打されてしまっていました。

暴力事件があり出場停止明けの選手なので、いろいろな面を考えてしまって内角へのコントロールが難しくなることは分かりますが、プロ野球選手である以上きっちり仕事をして欲しい気持ちもありますし、内角を攻めづらくして技術的な攻防の面白さを削ぐ暴力事件は絶対に許せません。

---------------------------

さて、この29日・30日はつげさんが来札し、一緒に試合を観戦するだけでなく、ファイターズグルメで食事を致しました。

ファイターズグルメでは、ピッチャーマウンドパフェ(ビールピッチャに盛りつけられており、とにかくデカイ!)にもみんな(大人4人+子供2人)で挑戦しました。

その他、連休を利用して来札中のHITさんやHITさんのところの常連さんのやじきたさんにも、少しだけお会いすることが出来て嬉しかったです。

| | コメント (8) | トラックバック (4)

2006年4月28日 (金)

対ホークス戦、先勝ならず・・・

今日は、9回の表裏の攻防のみを中継で見ました。

九回裏の攻防は、セギノール選手のデッドボールまでは今更ながらですが鬼気迫る雰囲気を醸し出していたファイターズ。

しかし、稲葉選手のバントが・・・

この選択が本当にベストだったか?

稲葉選手は実戦でバントする場面が少なく、ボールにバットを当てる技術は高いので、エンドランがベストだったと考えます。

次善の策としては、先日の試合では何とかバントを決めていた小谷野選手のバント代打でしょうか。

確率論で言うとこのような見解です。

しかし、今後の試合を考えると、稲葉選手がバントを決めることが出来るならば、ここ一番の点数が欲しい場面で攻撃のオプションが増えるのも事実ですし、彼にバントを試みるならばああ言った場面しかないとも言えます。

そして本当の敗因は、先日来続いている打線の繋がりの欠如です。

明日は、久しぶりに猛打を爆発させて、いままで見殺し続けた八木投手に報いてあげて下さい。お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

つげさん来札!

「にわか日ハムファン友の会」主宰のつげさんが今週末、札幌へいらっしゃいます!

(「にわか日ハムファン友の会」については、 「はむすぽ―Go! Go! Fighters!!」参照)

4月29日・30日の対ホークス戦を観戦されるそうなので、以前から連絡を取り合って、ちゃっかりご一緒させて頂くことにしていました。

29日は、試合の後にアリオ札幌にある「ファイターズグルメ」にて食事を取る予定でおります。

そこで!

非常に急なんですが、一緒に「ファイターズグルメ」での食事に付き合ってやっても良いぞって方を募りたいと思います。

つげさんも私も「ファイターズグルメ」は初めてなので、経験者(?)も大歓迎です。

ご一緒して頂ける方がいない場合は、二人っきりで親交を深めてまいります。

ご一緒して頂ける方は、下記アドレスにメールを戴ければ、待ち合わせの予定などを返信致します。また、アドレスと共にコメントして戴いてもO.K.です!

tomoearth@mail.goo.ne.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

やっぱりライオンズは強かった・・・

タイトルはこう書きましたが、ファイターズ打線がダメだっただけかも知れません・・・

昨日、今日と残塁の山・山・山

投手陣の頑張りは、素晴らしいですね。

ダルビッシュ投手は、自身の投球を省みて、ものすごーく悔しがっていた様です。

次に繋がってくれれば良いですね。

岡島投手もしっかり働いてくれて、登板過多気味のリリーフ陣の負担が少しでも軽減してくれると嬉しいです。

森本選手は、2試合連続の先頭打者HRだった様で、打撃好調が続いております。

負け試合ですが、ヒットが出ていることもあり、明るい兆しもあるので、次に期待です!

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2006年4月25日 (火)

強いライオンズに先勝!

今日の中継は、最後の方をちょっと見ただけですが、投手陣が相変わらずの安定した働きを見せてくれた様です。

本当に僅差の試合に強くなった今年のファイターズ。

頼もしい限りです!

あと、新庄選手の快進撃は継続中でして、残りの“引退興行”もこの調子で行ってくれれば嬉しいです。

触れなくても良い点をあえて触れますが、木元選手がセカンドでエラーを犯しました。

セカンド・サードの併用はいっぱいいっぱいの様です。

当然の結果と言えなくありませんが、シーズンを通じて安定感を求める意味ではサードに固定して起用して欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006年4月23日 (日)

対マリーンズ戦に2勝1敗と勝ち越す!

「放送席、放送席、今日のヒーローは新庄選手です。」

は残念ながら聴けませんでした。

新庄選手は、引退宣言後、人が変わった(?)様な活躍です。

小笠原選手もタイムリーで生還する際の走塁に一生懸命さが見られ、今年に期するものが感じられます。

江尻投手は安定しており、完封してしまうのかとドキドキしました。中4日への配慮からだと思われますが、7回途中での降板でした。

(去年は、完封勝利の後、調子を崩したので・・・(苦笑))

今年は本当に投手陣が安定しています。

こちらも人が変わったんでしょうか?(笑)

久しぶりに札幌ドームで勝ち試合が見れて良かったです。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年4月22日 (土)

マリーンズ戦1勝1敗・・・

今日の試合は球場で見て参りました。

昨日は、調子が悪かったとは言え、渡辺俊介投手を打ち崩しての勝利でした。

打線は、センターから逆方向へ強い意識を持ってバッティングを行っていました。

一転、今日はいつものファイターズ・・・

昨日の取り組みは、あらゆる投手に立ち向かう際に武器になるのに、簡単に元に戻ってしまうんですね。

左打者が二ゴロに倒れる場面が目に焼き付いた印象です。

セギノール・稲葉・木元の3選手が安打0では勝てる訳がありません。

セギノール選手の不振は深刻でして、打てる気がしません。

稲葉選手は、悪いときの特徴なんですが、甘い1~2ストライクを簡単に見逃している印象がありました。

木元選手は、同じ凡打の繰り返しでVTRのリプレイを何度も球場で見せれられた感じです。

八木投手が2回以降はリズムを取り戻し、バックももり立てていただけに残念でなりません。

明日は、大幅なオーダーの見直しなどの再考が必要でしょう。

では、明日も応援に行って参ります。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年4月21日 (金)

清原発言の真意

ニュースで彼のこんな発言を見ました。→<清原和博>「そいつを倒したい」死球受け“報復”発言

この発言をそのまま受け取った私の感想は

そんなボールも避けれないんなら、さっさと引退しろボケ!

そんなに野球を続けたいのなら、避け方をおぼえろや!!

しかし、彼が内角を不得意とするのは明らかで、それに対する彼なりの心理作戦とも読めます。

心理戦であっても、この発言した以上は必ず受ける次の死球で(試合に出る以上死球を受けない訳がないという意味)、この様に報じられた以上は、意地でもマウンドへ向かわない訳にはいかないと思うんですが・・・

先日のズレータの暴行が冷めやらぬ今の状況があります。

そして、暴力で内角球を何とかしようと言う人間は、内角球を裁くなどの技術を競うのがプロ野球選手とするならば、ファンの興味を削ぎますし、結果的に球場に必要ない人間であると言わざる負えませんね。

暴力を振るった選手は、一年間の出場停止などの厳罰とすることにして、早急に対応しなければ暴力がなくなりませんし、野球の面白さを削ぐ結果となります。

WBCで徐々に高まりつつある野球という競技の国際化にも障害となる可能性があります。

----------------------

ここでは論点を簡潔にするため、投手側の内角攻めへの力量は、触れませんでした。

内角攻め一辺倒の傾向が多いパリーグの捕手(昨年までの我がファイターズは逆でしたが)にも、外角球を活かす内角球と言うのを学んで欲しいと感じることろがあります。

投手にも技術的には、より高いものを目指して欲しいのは確かです。

しかし、今回の清原のケースに限るならば、ダルビッシュの投球は投手側の力量の問題よりも、清原の技術的な問題が大きいと言えます

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ついに10連敗止める!

今日の試合はマリーンズ・渡辺俊介投手が先発でした。

彼に我がファイターズは、屈辱の10連敗中・・・

今日の試合は2年目の橋本投手の好投が光り、打線も4点を挙げ、ついに勝利を収めました。

私の妻は、俊介投手のファンですが、悪いがもう彼のお得意様は返上させて貰います!

ごめん!

明日は観戦に行きます!

明日も勝つぞ!ファイターズ!!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年4月20日 (木)

新庄カッコイイ!

今日の試合は残念ながら負けてしまいましたが、新庄選手のプレーは格好良かった。

7回満塁の場面での2ゴロ。

センターを意識したバッティングで何とかランナーを帰そうとする姿勢。

10回の投ゴロでは、全力疾走でファーストへのスライディング。

バランスを崩してしまいましたが、その姿が格好良かった。

調子の良くない足下にケガなければ良いですが。

新庄!チームを優勝へ導くために、その姿勢を貫いてくれ!!

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2006年4月19日 (水)

強いファイターズ、2位浮上・・・

試合の印象によると、どーもファイターズ、マリーンズ、バファローズには三竦みの関係があるようです。

F→Bs→M→Fと言う構図が見える様な気がします。

<矢印の関係:(得意チーム)→(苦手チーム)>

この関係が杞憂に終わるかは、週末の札Dの結果次第です・・・

--------------------

一方、話題は変わって、入来投手が戦力外通告だそうです。

色んな意味で残念です。

今年は入来投手のレプリカユニホームを作成して応援する予定でしたが、入来投手が退団してしまったため、今は陽ちゃんのレプユニを着つつ、陽ちゃんの成長を遠く札幌から祈っている次第です。

入来投手、ファイターズへ帰って来るのでしょうか・・・

どーなるんでしょうね・・・

| | コメント (5) | トラックバック (4)

2006年4月18日 (火)

SHINJO!SHINJO!SHINJO!

今日の試合は、我がファイターズがバファローズを10対4で降しました!

この試合、新庄選手が2HR!

1本目のHRは戴けませんが、2本目は右を意識した良いバッティング。

そして、試合後のお立ち台では、今シーズン限りでの引退を表明しました。

引退の時期は、以前から本人が明言していた通りでしたが、新庄ファンの事を考えると、この時期に発表したことは、彼の勇姿を少しでも目に焼き付ける意味では良かったんじゃないかと思います。

-----------

「引退する新庄選手へ」

悔いのない様にあなたの言う通り「これからも野球を楽しんで」下さい。

かく言う私は、レフトスタンドを意識したバッティングややる気のないバントの姿勢を見せたときは、最後なんで思いっきり野次らせていただきます。

まだ、今シーズンは始まったばかりですので、優勝目指して頑張って下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (6)

2006年4月16日 (日)

対ホークス2連勝

昨日の徹夜の素振りが功を奏した様で(笑)、セギノール選手・新庄選手にヒットがでました。

ルーキー川島選手にも待望のプロ入り初ヒット。チャンスに打順が回ってくる運をもっているものの、さすがにその場面でプロ入り初ヒットとはいきませんでしたが・・・

金村投手は、気迫の投球を見せ、武田久投手-マイケル投手と繋いで、ホークス打線を完封しました。

チームは、再び勝敗を五分に戻しました。

---------------

それにしてもこの試合のホークス・ズレータの暴力行為は絶対に許せません。

こういった行為があると、野球がしらけた感じになってしまします。

ユニホームにボールがかすった程度の死球に対して、威嚇行為なんてものじゃなく、“暴力”に訴える意図がわかりません。

常人の理解の範疇を超えています。

こんな人間の予想を超える行動を取る“動物”をプロ野球界に置いておくことは、ファンや関係者にとって不幸を招く可能性が高まるばかりで、即刻対処すべきです。

パリーグには、厳重な処分を期待します。

出場停止どころか、日本球界から排除して下さい。

残念ながら下記のリストに新たに書き加えなければならなくなりました。

<日本球界に必要ないリスト>

1.ドラゴンズ・ウッズ(2005S藤井投手への暴力行為)

2.ホークス・ズレータ(2006.4.16F金村投手への暴力行為)

| | コメント (9) | トラックバック (5)

2006年4月15日 (土)

川島!八木!!サイコー!

八木投手のノーヒットピッチングは、言うまでもなく素晴らしかった。

一方、残念なのが大記録が達成されたなかったこと・・・

しかし、だらしない諸先輩方ですが、次回からはお詫びにたくさん点を取ってもらいましょう。(期待は薄いですが・・・)

そして、

タイムリーはおろか、ランナーを帰す外野フライ・内野ゴロさえ打てない諸先輩を尻目に、闘志溢れる当たりをチャンスで打ち、1点をチームにもたらした川島選手は、チームの起爆剤となってくれるでしょう!

また、チャンスに打順が回ってくる巡り合わせの良さは、将来を期待させてくれます。

がんばれ!ルーキー!!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

全員徹夜で素振り!

シーズンはまだ始まったばかりです。

しかし、シーズン序盤でも決めなきゃならない時があります。

投手の力投とは、無関係のところで野手のみなさんは野球をしているようですね・・・

現段階では試合中ですが結果はどーであれ、野手のみなさん、寝ないで素振りして下さい。

八木投手、次回の登板も期待します!がんばれ!!

-----------------------------

おっと試合中ですが、つげさんも同じよーな気持ちのようでして(当然ですが)、ブログが更新されています・・・

こちら→はむすぽ。―Go! Go! Fighters!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

セギノールに食べさせたい

フルーツケーキファクトリーの「キャラメルバナナのタルト」

これを食べて、チャンスでタイムリー連発して欲しい。

なんとか彼に食べさせる方法はないかなぁ。

Nec_0001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

川島選手、一軍昇格!

川島選手がふたたぶ一軍登録されました!

今回は、スタメンを含めてチャンスを与えることをヒルマン監督が明言しており、チームの起爆剤になってくれることを期待します。

昨日の小笠原選手のコメントを読むと「何とかせにゃ。死ぬ気でやらなきゃ」とコメントしており、今年の小笠原選手は例年以上に期待できます。一層チームを牽引して欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年4月13日 (木)

イーグルス戦2連敗

ファイターズは、ライオンズ3連戦につづき、イーグルスにも2連敗してしまいました。

本当に打てないって感じが漂っています。

2連戦とも映像であまり詳しくは見ていませんが・・・

対するイーグルスは、先発が頑張り、ストッパーの福盛投手がしっかり抑えました。

福盛投手は、彼のブログをよく読ませて貰っており、ライバル球団ながらもストッパーの座に復帰できたことは少し嬉しかったりします。

しかし、ファイターズ戦では見たくない存在になってしまって、残念でもあります・・・

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年4月10日 (月)

柳田さん・・・

現役時代にノムさんにもっと野球ルールも教えてもらっとけば良かったね・・・

こちらの記事を参照→ああ“勘違い”…ロッテ・バレンタイン監督、投手交代し損なう

ライオンズに3タテされた悔しさから立ち直り、札Dの3連戦でとても気になったことを一点だけ。

飯山選手のテーマソングに長渕剛の「勇次」が流れていました。

飯山選手は、鹿児島出身なんですね。

好きな言葉は、「夢はかなえるものであってかなうものではない」(別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑より)

無条件に彼を応援します(単純バカ→私)。

近未来の鉄壁の内野陣がたった今完成しました。

サード・飯山選手-ショート・陽選手-セカンド・川島選手-ファースト・鵜久森選手

球場で大きな声で「勇次」を歌っているのは、私です。

もし見かけたら、見て見ぬふりをして下さい・・・!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

札D、対ライオンズ戦3連敗・・・

あれ?昨日と同じタイトルのような・・・

いや数字の「2」が「3」に・・・

負け試合には必ず理由があるものでして

<ポイント1 4回のダブルスチール>

セギノールが左打席なんで、エンドランでしょうが、①打者が空振りが多いセギノール、②2塁走者が足が早いが走塁の判断の良くないマシーアス、この2点を考慮して、この作戦を立てた方の気がしれない。不安定な涌井投手を助けました。

<ポイント2 6回のバントミス>

新庄選手はバントをする気がないようです。バントしない新庄選手はチームに要らない。バントが上手くて(器用で)、長打も打てるのが彼の魅力なのに・・・。チームの士気に関わるので、しばらくスタメンから外れて頂きましょう。

ヒルマン監督の采配が問題で負けた試合です。

プレーするのは選手なので、監督にはその選手を起用した責任が常についてまわりますが、こんなに明らかな采配ミスや起用ミスはめずらしい・・・

(監督の小さな采配ミスは常に責められるものですが・・・)

細かな事を言い出すと、あたりの出ない金子選手に終盤で代打を送らないなど言い出したらきりがない試合です。

江尻投手は、9回を3失点なので、合格点と考えます。

あの3失点がなければ、完封してしまうんで・・・!?

登板過多だった中継ぎには少し休養出来たようで、次のイーグルス線では確実に勝ちを拾って欲しいです。

---------------

ところで、今日は江尻投手へのライオンズベンチからのヤジが酷かった様です。

(ある掲示板の書き込みで見た情報ですが・・・)

ライオンズは昔からヤジが酷く、選手教育が出来ていないのは有名な話ですが・・・

(元セリーグファンの私が知っているんですから)

まあ、グループ企業のトップ(オーナーでもありましたね)があの方だったことを考えると、ある意味当然かもしれません(苦笑)。

そんなチームにだけは、リーグ制覇を許してはいけません。

永久に低迷してといて頂きましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

札D、対ライオンズ戦2連敗・・・

昨日の試合は、所用で中継を見ていませんが、1-7とライオンズに力負けした感があります。

今日は球場にて観戦してまいりました。

試合は西口投手に6回まで抑えられていましたが、終盤に反撃を見せたことろが収穫かと思います。

金村投手は、初回の2失点が不要でした。

同じく初回に失点した前回の登板の反省も含めて、次回の調整に活かして頂きたい。

あと、高橋捕手は、積極的にマウンドへ行って、投球の間を取ってあげて欲しい。

それが投球の組み立てを楽にすることでもあるので・・・

今年のライオンズは、チーム全体を良く調整して仕上げてきています。

ファイターズが目指しているそつない攻撃が出来ていますし、昨年の様な守備の課題も克服してきているように見えます。

投手陣はリリーバーに不安があるものの、先発陣に関しては完投能力の高い投手が揃っており、侮りがたいチームになりつつあるようです。

明日は、江尻投手が先発です。

過去2試合は不本意な投球でしたので、彼の能力を十分に発揮した投球を見せて欲しいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006年4月 6日 (木)

ホークス戦勝ち越し!

今日の勝ちも一昨日の負けがあったからこそ。

→ 「Fightersを斬る:4/5 vs Hawks そして勝ちに繋がった」参照

(terusi7さんトラックバックありがとうございました。)

高橋捕手の懸命さが中継でも十二分に伝わってきました。

投手を“リード”しようと言う姿勢が見て取れました。

今年はやっぱり違いますね。

昨年と変わらないと思われる失敗を犯してしまっても、次の試合に繋げてくる。

ファイターズ各選手の精神面の充実は、間違いないものの様です。

ファイターズは元々力のあるチームだと思っていますので、あとはメンタルの問題だと思っていました。

精神面の充実が同じミスを繰り返さない緊張感をもたらしたり、素晴らしいプレーをもたらしたりしてくれると信じています。

繰り返しますが、技術のある選手がたくさんいるのだから。

高橋捕手のプレーする姿勢に、去年までとは違ったものを見ることができました。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2006年4月 5日 (水)

ホークスに今季初勝利!

昨日の試合結果を受けて今日のスタメンマスクは、鶴岡捕手でした。

今日はロッテ先発が渡辺俊介投手であったため、スカパー!は相棒に譲って、私はラジオ中継を聞いていました。

試合結果は、8-5でファイターズの勝ち。

今年に限ったことではないのですが、中継ぎの登板過多が気になります。

この状況が改善される可能性は、先発陣容を見るかぎり皆無です。

中継ぎ投手は、調子を落とすか、ケガしない限り酷使から抜け出すことは無理でしょう。

ヒルマン監督、先発をもう少し引っ張って下さい。

彼らは、中5日間以上の調整期間が与えられるのですから。

あと、負け試合の中継ぎ投手に気になることがありますが、次の機会に触れたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2006年4月 4日 (火)

早くも終戦。高橋捕手のリード・・・

今日の試合は、1点リードで迎えた8回表の二死・走者1、2塁の場面で試合が決しました。

ファイターズは、マイケル投手-高橋捕手のバッテリー。

打者はホークスのズレータ選手。

初球は外角へのスライダーでストライク。

二球目は外角へのカーブでボール。

三球目はすっぽ抜け気味のカーブでボール。

四球目は外角へのストライクのカーブ。

この四球目をホームランされました。

打者はズレータ選手です。

マイケル投手の調子はこの配球では関係ありません。

この配球がすべてです。

これではファイターズの優勝はありません。

扇の要である捕手がこれでは今シーズンの行く先は見えました・・・

残念です。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年4月 2日 (日)

おめでとう清水投手、そして・・・

戦いはまだ始まったばかりです。

昨日の試合で清水投手は2年ぶりの勝利を挙げました。

今日の北海道日刊スポーツの記事参照→日本ハム清水が2年ぶり勝利に涙

彼の本当の苦労や想いを知ることなど容易に出来ることではありませんが、今の彼の姿を見つめて少しその苦労や想いを想像し、球場で声援を送ることは出来ます。

これからの活躍を信じ一生懸命応援させて貰います。

--------------------------

一方、今日の試合は打線が爆発し、13得点でバファローズを圧倒!3連勝です!

江尻投手が登板すると打線が爆発する可能性が高いです。

その江尻投手は、7回途中までで5失点でした。

この際投球内容は、イイんじゃないでしょうか。

彼が投げる時は打線が大量得点する確率が高いんで、そこを上手く利用してチームが勝利すれば、そう言った戦力として割り切って考えることができます。

あと、この3連戦で気になった点は、マシーアス選手の走塁がちょっと雑なこと。

シュアな打撃でチャンスにも強いので、走塁をもう少し改善してくれれば、素晴らしいトップバッターとなってくれると思います。

次は、「めざせ世界一」のホークスです。あわよくば勝ち越しを狙いたいものです・・・

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年4月 1日 (土)

対Bs戦、何とか2連勝!

今日のファイターズはオリックスキラーの金村投手でしたが、4回6失点の大誤算。

特に初回は、驚愕の5連打(すべて単打!)を含む6安打4失点。

コーチは5連打3失点の時点でマウンドへ行きましたが、早いカウントをねらい打ちされていたので、もう少し早くコーチが間を取ってあげて欲しかった。

中継を見ていても3連打の時点で、すこし間を取った方がイイ雰囲気でした。

それにしても金村投手に対してオリックスは何か悪いことをしたのでしょうか?

金村投手をノックアウトしても試合に勝つことは許されません・・・

打撃陣で光ったのは、勝利打点のマシーアス選手は言うまでもなく、そのお膳立てをした金子選手ですね。

送りバントの結果、しっかり得点に繋がる流れは見ていて気持ちが良いです。

そして、待望の今季初安打も記録しました。

リリーフ陣はとにかく素晴らしい。

特に目を引いたのは、清水投手。

思い切って内角を攻めることが出来ており、外角へのコントロールもしっかりできています。

精神面の開き直り(開き直らざる負えなかった)が技術的にも良いものをもたらしたのでしょうか・・・

明日は江尻投手です。コーチ陣によると江尻投手は仕上がりが投手陣の中で一番良い状態でシーズンインしているようですが、私の目にはそう映らない・・・

心配は尽きませんが、明日の江尻投手に期待したと思います。

ブルペンを休ませてあげて下さい。お願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »