« 暖かい北海道のファンを実感 | トップページ | 三日天下を全う! »

2006年5月14日 (日)

捕手のリード強化

今年のファイターズの野球は、少ない得点をしっかり守りきるスタイルです。

そんな中、重要な要素の一つが捕手のリードと言う要素。

今日の試合では、9回表にそれが問われる場面がありました。

投手・建山投手で1死3塁・打席にベイスターズ・吉村選手を迎えた場面、カウント1-1から内角へのシュートを要求した中嶋捕手。

(それまでの吉村選手は内角を意識させることにより、外角へ大きく外れたボール球でも空振りしていました。)

結果、かなり内角へ外れたシュートを体勢を崩し、バットを折ってファールしました。

この段階で吉村選手は内角をかなり意識していたこと分かりますし、中嶋捕手の立場に立つと次のボールを外角球を投じるための準備は万端と言えます。

ところが・・・

中嶋捕手が要求した次のボールは、内角球でした・・・

しかも、建山投手のコントロールが甘く、ストライクとなった内角球を痛打されて、決勝点を“献上”しました。

追い込んだ場面で、1球前のコースよりもあまいボールを同じコースへ投じれば打たれるのは当然と思えます。

(打ちミスも考えられますが、投手有利のカウントでそれを期待する必要が全くないことは言わずもがなですが・・・)

場面は試合を決める大事な場面でした。このような場面では内角球を投げるのは、只でさえリスクが高いと言えるのに、なぜ2球つづけて冒険する必要があるのか分かりません。

経験豊かな“抑えの捕手”とされる選手の背信行為は残念でなりません。

同じミスをして負けるのであれば、未来がある鶴岡捕手にこの様な場面を経験させて成長を期待したいものです。

こういった選手起用自体にも疑念を抱かずにはおれません。

ここまでは、守りを中心とし安定した戦いを続けるファイターズ。

もう一段階レベルの高い戦いを目指すためにも、配球力の強化をチーム方針に取り入れて欲しいです。

|

« 暖かい北海道のファンを実感 | トップページ | 三日天下を全う! »

コメント

なかなか奥が深いご意見ですね。変化球のあとにストレートを同じコースというのも...
リード面については、(今は亡き)實松選手が一番良かったでしょう。打撃は???ですが。信二や鶴ちゃんもリードより打撃の人。新人の小山選手も打撃の人のようですので、鶴ちゃんの人の良さを活かしていくのが良いのでしょうか?

投稿: 北国分 | 2006年5月14日 (日) 22時19分

>なかなか奥が深いご意見ですね。

拙文にその様に言っていただけると、大変恐縮です。

>変化球のあとにストレートを同じコースというのも...

ご指摘の通りです。
逆は常套手段なんですけどね・・・

鶴岡捕手は、捕手らしい雰囲気を持っているので、好きな選手です。
リードは、彼の出場機会が少ないこともあり、いまひとつ分かってないんですが・・・

投稿: tomo@管理人 | 2006年5月15日 (月) 12時59分

中嶋のリードは同じ球を続ける傾向がありますね。
先の中日戦はマイケルにスライダーとチェンジアップばかり要求してました。
共に120km/h前後なので全てが同じ球と言っても過言ではないでしょう。

疲れがあるとはいえ、速球も決め球カーブも投げないのは組み立てとして不満がありました。

とはいえ、信二ではそこまでも期待出来ないので鶴岡に頑張ってもらうしかないですね…

投稿: かまぼん | 2006年5月15日 (月) 22時41分

>かまぼんさん

この記事は、かまぼんさんの様な所謂“野球好き”の方に意見いただければと思いつつ、自分でも楽しみながら書きました。
コメントありがとうございます。

そう言えば、先日のマイケル投手へのリードそうでしたね。
一球のドラマを捕手の視点から分析して楽しむ。
昔、スワローズファンだったころ野村監督に教えて貰った野球の楽しみ方です。
ただ、私の楽しみ方は、1試合のある場面について試合の流れを考慮した程度の範囲の分析です。
もっと楽しむには、その捕手の傾向や対戦主力打者の得意・不得意などを分析し始めるともっと楽しめるのかもしれませんが・・・

投稿: tomo@管理人 | 2006年5月16日 (火) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11108/1795935

この記事へのトラックバック一覧です: 捕手のリード強化:

» 金村で敗れる!? [ずっと!北海道日本ハムファイターズ]
本日の横浜戦。エース対決となりました。次週から長期遠征に出るファイターズとしては、金村できっちりと試合をしたいところ。昨日書きましたが、金村は試合を任せられる(作れる)数少ない投手です。ボール先行で球数も100球を超えたとはいえ、相手のエースより早く下...... [続きを読む]

受信: 2006年5月14日 (日) 22時13分

» 5/14【vs横浜3回戦】 ここだけの話、一時期シノハラが好きでした [Fighters@Yah! Yah! Yah!]
 援護無用の打線が 「君たちが抑えなきゃ勝てませんYO?」  と投手陣に重圧を与えて能力を引き出すという新戦術“貧打デラックス”を駆使して首位に登り詰めた今季のFsでありましたが、そんな作戦がいつまでも続くわけもなく。ヽ(´∇`)ノアハハ  いや、作戦じゃらねェから。そんなの。 <横浜4−3日本ハム>◇14日◇札幌ドーム(ニッカン式スコア)  西武が讀賣に勝ち、つにに王様の椅子から転落。  椅子といや、�... [続きを読む]

受信: 2006年5月15日 (月) 08時25分

« 暖かい北海道のファンを実感 | トップページ | 三日天下を全う! »