« ガッツの打撃スタイルが変わった? | トップページ | 交流戦について »

2006年6月22日 (木)

飯山選手の打撃

少し前になりますが、かまぼんさんのことへお邪魔した際に気になった記事がありました。

→ 「かまぼんの視点」

ファイターズ内野陣の人員編成の偏りを良く整理されており、問題点が浮き彫りになっています。私も球場で木元選手のエラーに「○○(選手名)に代われ!」って野次ろうと思ったけど、選手名が浮かばなかったことをもあり(笑)、興味深く記事を読ませて頂きました。

インスパイアされましたので、記事を書くことにしました。

私が書きたかったのは、「飯山選手の打撃について」です。

飯山選手は打撃が好調でも、決して持続しない印象が以前からありました。

むしろ、本当に打てるのって、懐疑的な目で見てしまいがちになります。

その原因は、バッティングフォームにあります。

スイングの際、トップの位置が異常に低いため、打てる印象を受けません。

素人考えでは、トップの位置が低いことによるメリットが思いつきません。

プロの選手があの様なフォームを続けている以上はなにか理由があるに違いないとは思うのですが・・・

しかし、プロは結果の世界です。

私が失礼にも打てる気がしないフォームも思っても、結果が出れば関係ありません。

勝てば官軍なのですから。

飯山選手には頑張って欲しいものです。

彼の守備力は間違いなく素晴らしいので・・・それを活かすためにも

|

« ガッツの打撃スタイルが変わった? | トップページ | 交流戦について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11108/2336018

この記事へのトラックバック一覧です: 飯山選手の打撃:

» 交流戦終了 [かまぼんの視点]
 「日本生命セ、パ交流戦」は20日、ロッテの2年連続単独優勝で全日程を終了した。ロッテは阪神に0−2で敗戦も、同率優勝の可能性があった2位ヤクルトが日本ハムに2−4で敗れた。ロッテは優勝賞金5000万円を獲得。... [続きを読む]

受信: 2006年6月23日 (金) 00時35分

« ガッツの打撃スタイルが変わった? | トップページ | 交流戦について »