« ファイターズ 惜敗 | トップページ | 今年、最後の札幌ドーム »

2006年10月22日 (日)

ファイターズ快勝で1勝1敗

昨日の試合に続き攻めの姿勢を見せてくれた我がファイターズ。

特に八木投手の投球は、まさに攻めの投球。気迫がみなぎっており、投球だけでなく、チャンスでの打撃でも自軍のベンチにも攻めの姿勢の大切さを示してくれた様に感じました。

昨日見えた固さは、ほとんど見られずシーズンと全く同様のプレーを見せてくれました。

あと、結果の出ない小笠原選手ですが、打球や走塁を見る限り心配する必要がないようです。

さぁ、チームは北海道へ帰ってきます。

ヒットを打つたび、得点を上げるたびに、バッターを抑えるたび、攻守を見せるたびに見せてくれる派手なガッツポーズや明るい笑顔を楽しみにしています。

“地元”札幌で躍動するファイターズが私は大好きです。

ファンの後押しを受けて、一層強いファイターズを見せて欲しいです。

|

« ファイターズ 惜敗 | トップページ | 今年、最後の札幌ドーム »

コメント

ファイターズ、勝ちましたね☆
明日からの札幌ドームでは3連勝してほしいですね!!

投稿: momo | 2006年10月23日 (月) 15時41分

みごと札幌ドーム3連勝で、日本一を決めてくれましたね!

投稿: tomo@管理人 | 2006年10月28日 (土) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11108/3922267

この記事へのトラックバック一覧です: ファイターズ快勝で1勝1敗:

» あと3つ [ハム日記]
 昨日も書いたとおり、昨日の負けは織り込み済みです。あと4連勝してくれるはず、ということで 迎えた第2戦。先発はマサ−八木、年の差19歳左腕対決。  初回セギのショート内野安打で1点先制。並みのショートなら内野安打だけど、井端なだけに ちょっとあせった。しかしその裏、その井端の1発で1−1。やはりこのシリーズ、井端なのか?  この後両投手が3者凡退を積み重ねて迎えた4回裏、このシリーズ不振だった福留に一発、1−2。  5回表、SHINJOヒットの後、鶴岡が送り、金子のセンターフライ..... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 00時29分

« ファイターズ 惜敗 | トップページ | 今年、最後の札幌ドーム »