2006年3月28日 (火)

対マリーンズ、1回戦、千葉M

マリーンズは、開幕2連敗でエース清水投手を擁立しての必勝態勢。

対する我がファイターズは開幕2連勝の勢いで、清水投手を打ち砕くべく試合に臨みました。

今日の先発はディアス投手。

投球は6回2失点とまずまずの内容でした。

特に5回のピンチではメンタルの強さを見せてくれました。この点はかなり期待できます!(西岡選手のHRの後、後続打者をしっかり抑えたことからも分かります)

また、5回の2敬遠は失点を最小に抑えようとする今年のベンチワークも評価できます。走者2・3塁というのは守備が難しく、敬遠すると満塁策が取れ、同時に内安打の可能性が高い左打者との勝負を避ける意味もあり、良策であったと考えます。

リリーフ陣もしっかり仕事をしてくれました。

打線は安打がでるものの、あと1本が出ませんでした。

今日の試合の結果を見る限りは、結果的に2番と6番が繋がりを欠いていました。

明日の試合は、打順の組み替えも必要となるでしょう。

マリーンズの先発投手が渡辺投手ですが、あえて2番に川島選手を起用して欲しい。(坪井選手の調整不足への配慮と渡辺投手に苦手意識のないルーキーの起用)

さらに新庄選手の打順を8番にし、6番木元選手、7番高橋選手の打順が妥当でしょう。(相性を考慮して)

今年のヒルマン監督は、対戦相手のデータを考慮するだけでなく、対処が非常に早く常に勝ちにこだわる姿勢です。

今日の完封を反省しすぐに改善策を施してくると思います。

--------------------------(3/29追記)

某携帯サイトの掲示板に、坪井選手は結果的にヒットが出ていないのは進塁打などのチーム打撃を行っているため、打率が上がってこないとの書き込みがありました。

なるほど~。今日の試合はそんな視点で見てみようっと。(たぶん坪井選手は今日もスタメンでしょうから・・・)

勉強になったのでメモっときました。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年3月23日 (木)

よいよパリーグ開幕!

パリーグ開幕が3月25日に迫りました。

公式HPでは当日のタイムスケジュールが発表になりました。

チケットの売れ行きを配慮してか、開場時間は9時30分です。

残念ながら開幕戦の2戦目は、観戦できませんが、初戦を楽しみたいと思います。

開幕戦の出場選手について少し・・・

イーグルスの開幕投手は、岩隈投手ではない様です。

(今日知りましたが、ケガで調整が必要だそうです)

また、報道によるとケガで木元選手が開幕戦に出場出来ないそうです。

川島選手は開幕一軍キップを手にした様ですが、イーグルスの先発が一場投手でしょうから先発出場は難しいかなぁ。

ちなみに開幕スタメン予想は以下の通り(開幕投手を一場投手と想定し、ヒルマン監督の性質を考慮しました)。

1.J・マシーアス  4
2.坪井 智哉   7
3.小笠原 道大  5
4.F・セギノール  DH
5.稲葉 篤紀   9
6.SHINJO    8
7.小田 智之   3
8.高橋 信二   2
9.金子  誠    6

ただ、このスタメンで特に心配なのは2番の坪井選手。

ケガによるが調整遅れ気味なので、川島選手を起用しても良いかも・・・

あぁ、開幕戦が楽しみだー!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年3月12日 (日)

開幕1軍枠投手陣予測

間もなく開幕を迎える我がファイターズ。

投手陣は、例年になく1軍枠を巡って熾烈な争いを行っています。

これまでの仕上がり具合より、開幕一軍枠を勝手に予想します。

<開幕一軍枠予想>

先発   先発枠     背番号 
       1      16     金村 曉               右
       2      67     リー                  左
       3      11     ダルビッシュ 有   右
      4      12     鎌倉 健               右
      5      13     須永 英輝       左
      6      29     八木 智哉       左
              27     江尻 慎太郎     右
              66     ディアス         右
   
リリーフ  リリーフ枠  背番号 
      7      21       武田 久               右
      8      36       MICHEAL               右
       9      25       立石 尚行      右
      10     70       トーマス               左
      11     15       横山 道哉       右
      12     38       武田 勝         左
             19       清水 章夫      左
               22       建山 義紀      右

先発投手は、枠6と考えてまして、個人的には鎌倉投手までがほぼ確定と思っています。

のこり2枠を巡って4人の投手の争いでしょう。

希望としては、共に活きの良い若手左腕・須永投手・八木投手がローテ入りして欲しいです。

リリーフも、枠6と考えています。

現在の仕上がりと投手のタイプを考えると横山投手まではほぼ確定と考えます。

左のワンポイントリリーフの枠を巡って、ルーキーの武田勝投手と清水投手の争いとなるでしょう。

建山投手は、現時点での仕上がりの遅れと、横手投げのスタイルがマイケル投手・立石投手とかぶることから、現時点では厳しい立場にあります。

建山投手の一番心配な点は、一発病の改善が今シーズンも見られていないと思われる点です。

また、立石投手との比較を行った場合、先発も任せられる立石投手はロングリリーフにも向いており、必要不可欠な存在です。

最終的にどの投手が残るにせよ、レベルの高い競争を行って、チームに貢献して欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

ファイターズの捕手陣について

先日、terusi7さんのブログ「Fightersを斬る」にて捕手のキャッチングの話題になりました。

要求したコースに構えるタイプとぎりぎりまで構えないタイプの二通りの捕手が居て、ファイターズの捕手は後者なんです。

このときは、鶴岡捕手の構えが遅すぎることをterusi7さんが指摘されていました。

私は、投手へ配球の意図を明確に伝えるために、コースにきっちり構える捕手が好きなんですが、昨年のVTRを見直すと、高橋捕手も構えるのが遅いです。

terusi7さんが元巨人の山倉捕手のエピソードを披露して、キャッチャーミットが投球する際の的としての役割の重要性を指摘されていました。

この話には、関心させられました。

であれば、投球する際の的は早めに定まっていた方が良いでしょう。

他球団の捕手をVTRがあるチームについて見てみたんですが、ホークスの城島捕手は構えるのが遅いです。マリーンズの里崎・橋本捕手は構えるのが早く、ミットの色も白で縁取りされて目立つ工夫がなされています。(その他の捕手は、VTRが無いので今後チェックします)

今年は、捕手の構えに重点を置いてプロ野球を観戦してみようと思います。

こんな風に、野球観戦の楽しみを少しづつ増やして行ければと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年2月19日 (日)

日本一早いパ・リーグ順位予想!

私の知る限り、今シーズンの順位予想を見ていないので、勝手に日本一早い順位予想を行います!!

今年は、ファイターズの選手および首脳陣の意気込みが違うと、坪井選手がブログで言っておりました。

よって、結論!今シーズンのパ・リーグは

1位 ファイターズ

2~6位 ホークス、マリーンズ、ライオンズ、バファローズ、ゴールデンイーグルス

2~6位は、キャンプの取り組みが解りませんので、順位付けすることが失礼になるので、行っていません。(それは順位予想とは言いませんと言うツッコミが聞こえてきますが・・・)

当ブログは、宣言します。

今年のパ・リーグ優勝は、北海道日本ハムファイターズです!!!

以上、優勝予想でした。(あれ?順位予想じゃ・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【投票結果】開幕投手は彼に任せた!

先日来、当ブログで投票企画を行っていた、「2006年シーズンの開幕投手は彼に任せた!」の投票結果を集計したので、発表致します。

集計結果は、1月19日時点のものです。

1位 エース 金村投手 16票
2位 期待度No.1 ダルビッシュ・有投手 13票
3位 左のエース格を期待  リー投手 11票
4位 将来のエース候補生 須永投手 10票
4位 狙え新人王!八木投手 10票
6位 正念場の右腕 江尻投手 9票
6位 大穴新外国人 フェリックス・ディアス投手 9票
8位 崖っぷちの左腕 正田投手 8票
9位 魅惑のサイドスロー 立石投手 7票
10位 大型サイドスロー 鎌倉投手 4票
11位 その他(コメント欄に記入願います) 6票
投票総数 103票

思ったよりも、接戦でした。

個人的には、開幕は金村投手以外いないと思っていましたので、ダントツのトップとなり、あまり面白味の無い結果になってしまうことも心配していました。

得票の高い3名は、今シーズンのローテーションを確実に担って頂きたい3名であり、投票してくれた皆さんはファイターズの戦力を良く把握されていることが反映されていると思いました。

あと、意外といっては何ですが、須永投手・八木投手への期待が大きいことが伺えたこと。

開幕投手となると、得票が伸びないかと思いましたが、ともに10票を獲得しました。

反対に、鎌倉投手は、僅か4票にとどまりました。

投票総数103票!投票して頂いた皆さんありがとうございました!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

【投票企画】開幕投手は彼に任せた!

今シーズン、ファイターズの開幕戦は札幌ドームで行われます。

今から開幕戦が実に楽しみです!

そこで、「もう開幕が待ちきれない!投票企画」を行います!

「あなたが監督だったらファイターズの開幕投手に誰を指名しますか?」教えて下さい。

続きを読む "【投票企画】開幕投手は彼に任せた!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

甘やかしてはいけません!

そう言えば、セギノールとマシーアス選手、フェリックス・ディアス投手が来日していません!

大沢親分もを入れています!(当然です!!)

→このニュース参照新庄は「あっぱれ」、外国人は「喝」 大沢親分

契約が遅かった事情などがあるかも知れませんが、早く来なさい!

球団も早く来日する様に段取りしなさい!

いったいなぜ遅れているのか・・・

「ビザの取得が遅れている」が言い訳の常套句ですが、要はやる気が無いじゃないかと。

「契約の遅れ=ビザ取得の遅れ」何だろうから、その点も含めて戦力補強が球団はへたくそだ!

リーとトーマス投手は、来日しています。

早期の来日を希望します!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

須永投手とわたし

一見、意味深なタイトルだが、須永投手と私の間に特別な関係はない・・・

(当たり前ですが・・・)

須永投手と私は、相性が良くない。

入団以来ずっと注目しているが、札幌ドームで彼を見に行こうと思うと、都合が悪くなって行くことが出来ないのである・・・

1回目は、須永投手のルーキーイヤーの1軍初登板(ノックアウト)、2回目は、2年目最後のシーズン初登板(驚きのナイスピッチング)。

3年目の今年は、彼の姿をたくさん札幌ドームで見れると信じています。

----------------------------

関連記事は、日刊スポーツより須永が実戦練習で安定した制球力

写真は同じく日刊スポーツより引用

Sunaga_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

2006シーズンの新庄選手に望むもの

昨シーズンの新庄選手は、ケガに泣かされたシーズンであった。

今シーズンは、ケガが癒えて活躍してくれると信じている。

新庄選手の魅力は、ここ一番でもチャンスをものにする打撃と、華麗な守備である。

ケガさえなければ、私たちファンにその魅力を遺憾なく見せてくれるであろう。

そして、彼に望むものがあるとすれば、積極的にチームを明るくするムードメーカーとしての役割をより一層期待したい。

これまでの2シーズンは、多少の遠慮があったかも知れない。

また、彼の周囲へ人一倍配慮する性質が影響したかも知れない。

しかし、今シーズンは、どんな苦しい場面でも、積極的に前へ出てリーダーシップを発揮しつつ、明るくチームを牽引してチームの雰囲気を良くして欲しい。

新庄選手には、小笠原選手とともにチームリーダーを担って欲しいのである

役割をそれぞれ分担して行けば良いと考える。

二人には、それぞれのプライドがあって難しそうだが、新庄選手は気遣いができる人間なので上手くやってくれると思う。

一見すると相反する性格の二人がリーダーとして、今まで以上に調和すればファンから見ると非常に魅力的なチームとなり、また、ファイターズが優勝することも難しいものではないと考える。

-----------------------------------

(ファイターズ公式HPより引用)

01_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)