« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年6月29日 (金)

1-0でリードしていた8回裏・・・

マウンド上には、いつもは尻上がりに調子を上げるダルビッシュ投手。

丁度、帰宅した私が見つめるTVには、木元選手の姿が・・・

左方向への詰まった彼らしいヒット。

これまでの不振の原因は、色々在るでしょうが、それを乗り越えるには、もしくは乗り越える術を見つけるには、気持ちを整理できるキッカケが必要だろうと思います。

身体的な不調、技術的な不振、精神的な落ち込み、多くの人が色々な不振の原因を推測しています。

上手く行かない時の気持ちをコントロールするのは、非常に難しいことです。

環境の変化が気持ちを整理し、原因が何であろうと、再浮上するための方法を見つけ出してくれればと期待します。

お立ち台で、彼の何とも言えない、はにかんだ笑顔に、「頑張れ!木元!」の言葉を贈りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月26日 (火)

木元選手、あなたの才能は再び開花する!

本日、バファローズとのトレードで木元選手と清水投手が移籍することになりました。

成績が残せずに苦しんだ今シーズン、思い切りの良いスイングから繰り出される快打を見ることなく、移籍してしまうのは残念でなりません。

しかし、あなたの才能は必ず移籍先のチームで再び開花します。

札幌ドームへ戻ってきた時には、再び開花した大きな花を“片鱗”で良いので見せて下さい。

木元選手が不振に苦しんでいるのは、色々な理由があるでしょうが、新たな環境が「キッカケ」となってくれることを信じております。

このトレードが木元選手にとって本当に良い結果となることを強く信じています。

バファローズの主軸としての札幌ドームへの凱旋を待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月10日 (日)

14連勝でついに連勝止まる。

14も勝ち星が連なるのは、運も味方しないと無理です。

しかし、運が味方してくれるのは、投手陣を中心としたディフェンスがしっかりしていたからでしょう。

もう一つ要因を挙げるなら、走塁を活用した積極的な攻撃が挙げられます。

選手個々の頑張りがあり、チームの勝ち星を連ねることができました。

「人事を尽くして天命を待つ」った結果でしょう。

ちょと心配なのが、ここ数試合ロースコアの接戦が続いていること。

このため、武田久投手とマイケル投手の負担が非常に大きくなっていること。

2軍で調整中の先発投手が1軍に復帰し、武田勝投手がブルペンに戻り、さらに押本投手、金森投手といったところが安定感のある投球をしてくれることを望みます。

連勝はいつか止まりますが、大事なのは次の試合にどの様に取り組むかです。

明日からジャイアンツ戦です。

連勝中は爆発的な勢いでチームが勝ち進んでいたわけでなく、地に足がついた野球で勝利を挙げていました。

今日の1敗がチームの勢いを消し、負けが混む心配は余りしていません。

しかし、連勝が止まったことは、ひとつのキッカケになります。

改めて、明日の試合は“自分たちの野球”を強く意識してプレーして欲しいですね。

そして、強いファイターズで私たちを魅了して貰いたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月 4日 (月)

☆11連勝☆

11連勝ですか・・・

私がシーズン前に先発陣が今年は期待できると考えていましたが、その先発陣が崩壊したにも関わらず、11連勝とは・・・

野球というのは何が起こるかわかりません。

それが私たちを魅了してやまない要因のひとつでしょう。

すこしだけ時間をさかのぼって、6月2日の試合で登板した須永投手。

満塁弾を被弾して、非常に残念な結果となりましたが、次の機会に期待したいです。

球場で私が発した「須永!次、頑張れ!」の言葉は、彼に届いたかなぁ。

気持ちを切り替えて、次こそは結果に繋げてほしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »